翻訳家の求人

Translation NAVI

翻訳の求人にある二つのタイプと働き方

翻訳家として仕事をしていきたいと考えた場合に求人募集に目をやると二つのパターンがあることに注目しておくことが大切です。
一つは主には翻訳会社からの常勤や非常勤の採用を意図した求人募集であり、採用されればその会社に抱えられて安定して働くことができるようになると期待されるものです。
もう一つは一般企業や個人から出されている仕事の依頼であり、単発であるため継続的に仕事が受けられるわけではないものの、契約が成立すれば個人の力で請け負う仕事が得られることになります。
求人情報として探すとこの両者が見つけられてしまうのが実際であり、どちらを自分が望んでいるかを考えて探すように気を払う必要があります。
より自由に仕事をしたいのであれば会社に勤めるよりも個人として働いた方がよく、より収入の安定を望むのであれば会社に勤めるという選択をした方が有利です。
翻訳という技術を持っているからこそ選ぶことができるというメリットがあり、自分の仕事に対するスタイルで選ぶのが得策です。

自分の翻訳家としての特徴と企業の個性を理解してから求人応募

翻訳家として企業に勤めて仕事を行っていきたいというときには求人募集を行っている企業についてよく情報収集を行うことが大切です。
一般的な英和や和英の変換を中心に行っている企業である場合もあれば、多言語から多言語への変換を担うことを売りにしている企業もあります。
また、医療や情報技術等の需要が高い専門性の高い翻訳を担うことを主としている企業もあり、一つ一つの企業に必ず個性が見られるようになっています。
それを理解した上で自分の能力を生かすことができる企業を選んで求人に応募することが大切です。
数カ国後を操れたり、技術英語を使用できたりするのに文学的文章の英和と和英を中心に行っている企業に就職してしまったら宝の持ち腐れになってしまいます。
自分の翻訳技術の特性を良く理解してそれを生かせる企業を見つけるという観点を忘れてはならないのです。
もしそういった企業がないのであれば個人として事業を起こすことも考えた方がよりよい将来を築くことができます。

Favorite

Bluetoothスピーカーの接続について

2017/7/6 更新

COPYRIGHT(C) Translation NAVI ALL RIGHT RESERVED