企業向け翻訳サービス

Translation NAVI

企業が海外に発表するとき翻訳サービスを使う価値があります

企業が海外向けに出版したり論文投稿するときには、社内でネイティブレベルの英語が使える人材がない場合、他の翻訳会社に英訳を見てもらうことがあります。
英文のネイティブチェックを受けて、ネイティブから見て自然な単語や文法に直してもらえます。
日本人には難しい冠詞や単語の使い分けを指摘してくれるし、読みづらい文章は他の言い方で伝わりやすい文章を提案してくれます。
文章が読みやすく、正確に言いたいことが伝えていないと、せっかく作ったアウトプットも効果が発揮できません。
文章をネイティブにチェックしてもらうことは、正しい評価を得るために価値があります。
全く英訳ができない場合は、日本語で書かれた文章でも受け付けています。
この時は、ネイティブではなく日本人で英文翻訳のスキルのある人が対応を行います。
納期は、翻訳してもらいたい文章のページ数やワード数によって異なります。
短い文章のものであれば1週間程度でチェックしてもらえます。

企業向けの翻訳について

企業向けの翻訳の場合には通常の会話や手紙のような文面で用いられる単語や言い回しとは異なることが多いので独自のテクニックを身に着けている人を雇うことが望ましいといえます。
どのような業種なのかにもよりますが、言語的な知識の他にも業種に対して明るい、あるいは専門的な用語を理解していることを前提としたほうが相互に安全なコミュニケーションをとることができます。
特許や技術的な要件についての翻訳ではその守秘義務が発生したり、適切な言いかえをされていないと意味が通じず齟齬が生まれてしまうという事もあります。
互いの言語においてネイティブによる二重チェックを出来るようにするなど注意を怠らないようにすることが重要です。
特に取引周辺の文章などは言い回しと実際の意味が変わってくるという場合も少なくないですから、相手先への再確認などの作業も踏まえたうえで取り組めるようにしておけると効果的です。
企業で部署を持つ事が大変な場合には外注する方法もあります。

check

COPYRIGHT(C) Translation NAVI ALL RIGHT RESERVED