翻訳のポイント

Translation NAVI

翻訳をするうえでの注意点

翻訳をする場合にはどういった目的なのかをしっかりと把握したうえで行っていくことが重要です。
ただ言葉をそのまま変換していくという作業の場合には翻訳とは呼べない場合もあるからです。
歴史ものの小説や論文の場合にはその文化的社会的背景を前提とした表現が必要になります。
現在と同じ単語を使っていてもニュアンスが大きく違ってくるという事もあるので、適切に進めなければ大きな違和感を生んでしまうからです。
専門用語が多い場合には特に注意が必要で、全体について作業を進めながらもわからない部分やしっくりと当てはまらないようなものは専門家をつけて監修しておくようにすると安全です。
ファンタジーものやミリタリー物など、専門領域の言葉が細かく厳密に定まっているものの場合に顕著なもので、配慮を怠ってしまった場合には本筋の部分をうまく表現することが難しくなります。
手間と労力、要不要についても認識して進めることが大事です。
素人相手や丁寧さが要求される場合には専門的に慎重さが求められますが、ビジネス上の基本的な伝達や進捗確認などについては機械的な訳し方でも十分に通じる場合も多いですし、その方が無駄も少なくて楽に行えることもあります。

翻訳が身近になっている中での利用

海外の人との交流を偶然することになったときや、自身が海外へ旅行しに行くとき、自分の意思を伝えるためにはその相手の言語に合わせなければなりません。
しかし、一生かかっても国語のマスターは難しいのに、他国の言語までそう簡単に補えることはできません。
ですが、今の時代ネットという膨大なものがその点を補ってくれます。
それこそ翻訳サイトです。
日本語を打ち込むだけでほかの言語に変換してくれることは、伝えるだけでなく、聞き取ることにも利用できます。
音声入力も標準化してきている現代では、自分が話し相手へ、相手が話し自分へというコミュニケーションをより身近にしているのです。
「それらばっかり使っていたら、他国の言語の勉強が疎かになる」という意見も全うですが、なにより上達の近道は、「どんな形でも他国の言語に触れようとする」ことです。
翻訳機能を使うことは少しずつですが他国の言語の理解をしようという勉強にもなっているのです。
最初は自分が話すより速いと思っていても、使っていれば遅く感じてきます。
そのときこそ、その機能をヘルプ程度にして自分の言葉として話せるようになる第一歩となります。
翻訳は私たちの好奇心と視野、新たな境地を広げてくれる良いツールなのです。

おすすめWEBサイト

クラT

タバコ アレルギー

軽井沢 土地

最終更新日:2017/9/29

COPYRIGHT(C) Translation NAVI ALL RIGHT RESERVED